本格酵素ファスティングの頭痛はケトン体が原因

酵素をつかったファスティングは初心者ファスティングダイエットに酵素スムージーのススメのように、おいしさと、満腹感が強い初心者向けのファスティング方法と、スムージーも含め断食向けに発売されている酵素ドリンクなどがあります。

どの種類の酵素ドリンクを使ってもよいのですが、個人的にははじめてはスムージーがよいのかなと考えています。ですが、本格的ファスティングの場合は液体の酵素ドリンクが良いと思っています。

理由は本当に単純なのですが、色んな飲み物で割れるからです。色んな物と割れると言ってもジュースと酵素を割るのでなく、炭酸と割れるのが大きいと考えています。本格的なファスティングは3食抜くわけですから、少しでも空腹を紛らわす必要がありますよね。そんな時、通常の水よりも炭酸だと多少気分を紛らわすことが出来ます。スムージーだと炭酸割りできないので。ただそれだけなんですけど結構大きいと思います。

ケトン体と頭痛

ファスティング中に起きる頭痛は原因があります。通常私たち人間の体は糖質をエネルギーとし食べたお米等の糖質をブドウ体にしそのまま脳のエネルギーとなるか、余ったブドウ体は脂肪として蓄えられます。

ファスティング中は脳のエネルギー源となる炭水化物は当然とりません。お水と酵素ドリンクだけだとブドウ体を取り入れることが不可能です。ブドウ体がなくなったら脳のエネルギーがなくなってしまいますよね?脳が動かないと私たちは動けません。さてどうするのでしょうか。

そこでケトン体の出番です。体がブドウ体をとることが出来なくなった時、体内に蓄えられている脂肪が分解されケトン体へと変化するのです。 脂肪が分解されてケトン体へと変化差売る訳ですから、この現象を利用してケトン体ダイエットと呼んでいる人もいます。ここで頭痛がおきることがありますが、ケトン体という成分に慣れていない脳が拒絶することが原因と言われています。もしくは、ファスティング中は塩分が不足する事がある為、塩分不足の可能性もあります。対策としては塩分補給の為に梅干しやこぶ茶を飲むなどの事はしましょう。

ケトン体ダイエットで吐き気や頭痛がひどい場合は中止する勇気を!

極端にひどい頭痛が起きてしまい安静にしても治らないなどの場合は一時的にファスティングを中止し栄養補給を行う事がおすすめです。2日目くらいにおきることが多いようですが、これを好転反応と呼び絶対大丈夫ですと言う人もいるのですが物事に絶対はありませんので栄養をとりつつ完全に断食するのではなく、多少食事を取ってみる等の工夫が必要でしょう。

そういった頭痛などをきちんとチェックしてくれる断食道場などに通い、先生の診断を元に続けていいか中断すべきかを判断するのが一番安全でしょう。

Menu